~スーツは握手をする前のプレゼンテーション~
お客様のスーツを送ってもらうので採寸不要!
エルメネジルド・ゼニア生地正規取扱店
Ermenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア)ブランドについて



今ではErmenegildo Zegnaと聞けば最高のスーツブランドとして有名だが、スタートは初代、エルメネジルド・ゼニアが1910年に設立したウール生地の工場(ラニフィーチョ)である。
設立当初は、数台の織機しか持たない小さな織物工場であったが、若き創業者はすぐに、当時世界をリードしていたイギリス織物に、品質面で劣らない製品を生産するという大きな野望を掲げ、それに向かって走り始めたのである。
ゼニアのウール工場は、ビエラ近辺のアルプス山脈の麓に位置するトリヴェロの地に、1910年に設立されました。エルネメジルド・ゼニアの目的は、原材料に超細番手の羊毛を選び、紳士服用の最高級のテキスタイルを生産し、製品を販売し技術革新を進める広め、積極的にブランドを構築することでした。 職業繊維学校にて学んだエルメネジルド・ゼニアは、1930年、最新の英国製紡績機による高品質毛織物の生産を始め、自分のトレードマークで国内および国際マーケットに進出。顧客のみならず第一線のファッションデザイナーに供給できる流通機構を作り上げた。
今日では、ゼニアの成功にとって当然のものも、当時としては、驚異的な直観によるものとしか思えないものであった。品質を追求するということは、実際のところ、国際的なビジョンと最も高級な原材料をオーストラリアや南アフリカの原産地から直接買い入れるということを意味した。また、競争相手の国であるイギリスから最新の英国製紡績機械を買い入れることで、技術革新の恩恵を享受し、促進させた。
参考:Zegna.com



1930年代、ゼニアのファブリックの知名度はさらに高まり、第二次世界大戦中などの困難な時期にもその勢いは衰えることがなかった。実際のところ、ゼニアの品質の高さは、仕立て職人が生地の裏地を使い、一度仕立てられたものを新しく仕立て直すことができるほどであった。つまりゼニアの顧客は、古くなったスーツを再生し、もう一度、着ることがであったという。この頃から、Ermenegildo Zegnaの生地は、テーラー、顧客から人気があった。 全世界での評価・・・現在世界のプレステージゾーン(スーツ価格¥200,000以上)においてメンズウェアの3分の1を生産しています。すなわち、全世界の1/3はErmenegildo Zegna製品が流通しています。厳選された天然素材を使用し、常に素材開発や新しい提案を行うことによって成長を遂げ、全世界で高く評価されるようになりました。
Ermenegildo Zegnaブランドの活動は、プレタポルテ(既製服)だけではなく、最高級のファブリック(服地)をお届けすることも大きな柱となっております。それは、遠く、1910年に初代エルメネジルド ゼニアが創業して以来脈々と 流れる伝統です。ファブリックに「 Cloth Ermenegildo Zegna 」 の赤いマークを見つけたら、もうそれだけで圧倒的なクオリティの証です。